妙厳寺日誌’12
12月
13〜15日 年末御守護札入れ
住職・法靖・法映が家内安全・火伏せ・魔除けの三種類のお札をもって各お檀家の家を廻りました。
31日・正月一日 お焚き上げ式・除夜の鐘・新年初参り祈願
寒い中、今年も年末がやってきました。初めはいつものように法要を行い、古い塔婆、お守りをお焚き上げしました。その後、待ちわびた新年一打の梵鐘によって新年が明けました。今年も沢山の方が来山し、温かい甘酒を飲みながら新年の挨拶を交わす姿が随所にみられました。
お焚き上げ特別祈願の様子
1月
元日 新年祝祷会
お釈迦様さま日蓮聖人、皆さまのご先祖の御宝前に新年のご挨拶と一年の健康を祈り、新春をみんなで寿ぎました。
三浦上人修法三浦上人修法
2月
1日 節分追儺式
一日、二時より妙厳寺本堂に於いて恒例の節分追儺式法要が営まれ、今年厄年や八方ふさがりにあたる方、年男・年女の信徒がご宝前で祈願を受け除厄開運を祈りました。追儺というのはいろいろな災いを追いやり、追い払うといった意味です。法要の後、住職・出座僧・年男年女によって参列の方へ、まめで息災であることを願って福豆が撒かれました。みなさんが喜んで豆にあたっている姿が印象的でした。
3月
20日 春季彼岸会中日法要
本明寺は午前9時から、妙勧寺は午前11時から、妙厳寺は午後2時から執り行われました。今回の法話は住職の記事が掲載されている本『こころの法話』よりそのCDを再生して聞いて頂きました。
4月・5月
21〜23日(A組)
3〜5日(B組)
東京国際仏教塾第一回修行
A・B組み合わせて七〇名ほどの参加者あり。仏教の学びを始めるに当たって先ずは朝のお勤め、静座と唱題行、作務、法話等二泊三日お寺の生活を真摯に体験しました。
6月
17日 西畑組信行会
 今回は何時もと違ってバス二台を仕立てて鴨川市の小松原・鏡忍寺に団体参拝しました。これは来年が日蓮聖人の小松原法難七五〇年の大きな節目に当たることから地元の檀信徒としてはご征当年の平成二五年を挟んで向こう三年間続けてお参りしようという趣旨によるものです。檀信徒はお開帳を受けたり、法話を聞いたりしました。妙厳寺、妙勧寺、本明寺からは十五名程の人が参加しました。
8月
3日〜6日 夏休み山寺留学
今年は一六名の子供が参加してくれました。ソウルダイ(フリーペイント)や中華まん作り、案山子づくりをやりました。中華まん作りではちょっとした手違いもありましたが、一応形あるモノとなり、昼食としてみんなで美味しく食べました。人数は若干少ないものの、その分濃密な時間をすごしたのではないでしょうか。
(今年もたくさんの野菜を収穫することができました。お世話していただいたお檀家の皆様有難うございます。)
13日〜15日 お盆棚経廻り
三日間、住職、法拳、法靖、法映が檀信徒各家の精霊棚にお寺から伺って読経供養をささげました。在宅の方は一緒に座って共にお参りし、お題目を唱えご先祖の供養をしました。
16日 本明寺・盂蘭盆会施餓鬼会法要
本明寺は十一時、妙勧寺は一時より執り行いました。共に先祖の追善供養をささげ、また本年新盆に当たる精霊の追善供養もおこないました。
24日 妙厳寺・盂蘭盆会施餓鬼会法要
檀信徒各家の先祖の諸霊、特に本年新盆に当たる精霊の追善供養を執り行いました。
9月
22日

秋季彼岸会中日法要

妙勧寺は午前十一時から、妙厳寺は午後二時から秋彼岸会中日法話・法要を行いました。実りの秋、営々と田畑を耕し現在に伝えてくれたご先祖へ感謝の気持ちを捧げました。
10月
7日 平沢鬼子母尊神秋祭り
年に一度の霊験あらたかな鬼子母尊神様の御開帳。鬼子母尊神堂において読経・お加持祈祷を行いました。神輿の練り供養は今回雨のため中止となりましたが、子供達がお寺の客殿でお囃子などを楽しみました。平沢担ぎ手の皆さんは今年は肩が痛くならずによかったですね?
28日 平沢地区 稲荷幣束入れ
法靖・法映がお稲荷(さん)の幣束を持って、平沢の各家に祈願に伺いました。新しい幣束をお供えして今年の収穫に感謝の気持ちをご家族の皆さんとともに捧げました。
11月
23日 日蓮聖人七三一遠忌報恩法要お会式
午後一時より日蓮聖人七三一遠忌報恩法要お会式が執り行われました。聖歌隊の出仕に引き続き、練習を重ねた和讃会も法要に加わって和讃を奉唱しました。その後には池上朗子合唱団による合唱、最後に雨の中万灯練供養がおこなわれました。
大多喜妙厳寺 南無道場