妙厳寺日誌’15
12月
13日(土)〜15日(月) 年末御守護札入れ
住職・法靖・法映・法典が家内安全・火伏せ・魔除けの三種類のお札をもって各お檀家を廻り、お札を入れて新しい年に備えました。
31日(水) お焚き上げ式
 
 1月  
 正月一日  新年初参り祈願
午前零時、住職の第一鐘と共に「明けましておめでとうございます!!」の挨拶を交わしました。それに続いて新年の初参り特別祈願も執り行われました。
元日(水)  新年祝祷会
元日、雪が降る中執り行われた新年祝祷会。お釈さま、日蓮聖人、檀信徒のご先祖の御宝前に新年のご挨拶と一年の健康・息災を祈り、新春をみんなで寿ぎました。
 
 2月  
1日(日)  節分追儺式
 恒例の節分追儺式が本番の二月三日前の、二月一日午後二時より妙厳寺本堂において営まれました。今年は約30名の厄除け・八方除け祈願の申込みがあり、ご宝前に開運除厄のお札を祀って修法祈祷が行われました。            
法要終了後「福は〜内!」のかけ声と共に豆が撒かれ、参詣の善男善女は今年もマメで息災であることを願ってこの豆に積極的にあたりました。
 
3月
21日(金・祭日) 春季彼岸会・歴代廟開眼法要
本明寺は午前九時から、妙勧寺は午前十一時からそれぞれ中日法要が執り行われました。
午後1時30分から妙厳寺では移転工事の完了に伴い、歴代墓地の完成・開眼の式を墓前にて行い、大勢の檀信徒がお参りしました。続いて午後三時より本堂で彼岸法要が行われ、ご先祖への報恩の誠を捧げました。

4・5月
18〜20日(A組)
2日〜4日(B組)
東京国際仏教塾第一回修行
東京国際仏教塾が主催するサラリーマン等を中心に、日本人が長く拠り所としてきた仏教を体系的・実践的に学ぶ、お寺の生活体験です。A組・B組の二派に分かれてそれぞれ約三十数名の人々が来山しました。こんな時代だけにしっかりとした普遍の理念にのっとって、生き甲斐のある生き方をしたいと願い、日本人の精神を支えてきた仏教を真摯に求める人が多いように思います。
6月
14日(日) 西畑組信行会
三年続いた小松原法難にともなう西畑組の出張信行会は終了、今年は例年通り妙厳寺を会場に八十名ほどの参加者を得て開催されました。唱題行をしたり、終活(自分の締めくくりをどうするか?)について専門家の話を聞いたり、心身をリラックスさせる笑いヨガなどを体験しました。「終活は悔いない日々の積み重ね!とのコメントが印象的でした。
8月
7日〜10日 夏休み山寺留学
今年も自然体験・生活体験中心の子供向け催しが実施されました。
 
夏休み山寺留学新聞集(日記集)から
・竹ばしをつくりました。細いけど使えました。うでずもうもしました。相手が大人ですぐまけました。(О・S)
・朝ごはんをたきました。はじめてだったので、きんちょうしました。その次、ごはんをたべて、はたけにいって野さい(キューリ・なす・など)をしゅうかくしました。たのしかったです。(T・Y)
・昼ごはんの梅ぼしがとてもすっぱかった。がまんして表情をかくそうとしたけど、がまんできなかった。ロケットラワンをつくるのがとてもむずかしかったけど、楽しかった。昼ごはんで久しぶりにしゃべりながら食べれて、よかった。夜にねている時に顔にありがのぼって大変だった。(T・M)
・三日目作ったピザがまを作ったピザを焼いたり、流しそうめんもやりました。キャンプファイヤーもやりました。とてもたのしかったです。
(S・T)
・今日はキャンプファイヤーをやりました。変なゲームいろいろしてめっちゃたのしかった。明日は最終日なのでほんの少しだけさびしいです。(N・S)


13日(木)〜15日(土) お盆棚経廻り
三日間、住職、法拳、法靖、法典、法盛、法宣が檀信徒各家の精霊棚に伺って読経供養をささげました。各家の方々は一緒に坐って共にお参りし、お題目を唱え、線香を捧げてご先祖への報恩の供養を行いました。
16日(日) 盂蘭盆会 施餓鬼会法要
本明寺は十一時、妙勧寺は一時より執り行いました。ともどもに私たちのいのちのルーツである先祖の追善供養を行いました。また本年新盆に当たる精霊には親族・縁者こぞってお参りし感謝の志を捧げました。
24日(月) 妙厳寺・盂蘭盆会 施餓鬼会法要
午後二時より檀信徒各家の先祖の諸霊、特に本年新盆に当たる精霊の追善供養法要と霊位への諷誦文供養者読み上げを行いました。暑い中、ご参列の皆さんご苦労さまでした。
9月
23日(祝) 秋季彼岸会中日法要
妙勧寺は午前十一時から、妙厳寺は午後二時から秋彼岸会中日法話・法要を行いました。実りの秋、私たちのいのちリレーの中で、苦労して田畑を耕し、もろもろの工夫を重ねて現在に伝え、今日安穏に暮らせる基礎を築いてくれたご先祖の御魂に報恩感謝の気持ちを捧げました。
10月
4日(日)12時〜  平沢鬼子母尊神秋祭り
年に一度の霊験あらたかな鬼子母尊神さまの御開帳。今年も鬼子母尊神堂において読経・お加持祈祷の後、天候に恵まれた中、神輿の練り供養が平沢の谷から下にかけて賑やかに行われました。
28日(水)  平沢地区 稲荷幣束入れ
法靖・法盛・法典がお稲荷(さん)の幣束を持って、平沢の各家に祈願に伺いました。新しい幣束をお供えして今年の収穫に感謝の誠を捧げ、ご家族の皆さんの息災を祈念いたしました。
11月
23日(祭) 日蓮聖人七三四遠忌報恩法要・お会式
午後一時よりお会式並びに七五三児健全育成祈願法要が執り行われました。練習を積み重ねている和讃会も法要に加わって和讃を奉唱しました。
法要後は恒例のボーイスカウト大田第十七団のメンバによる万灯練供養が盛大に行われました。
最後に本門寺の和太鼓チーム「池上太鼓」による勇壮な定置演奏や激しい動きを伴ったオリジナルな演奏が披露されました。
参詣の善男・善女は大満足で惜しみない拍手を送っていました。
大多喜妙厳寺 南無道場