妙厳寺日誌’13
12月
13〜15日 年末御守護札入れ
住職・法靖・法映・法典が家内安全・火伏せ・魔除けの三種類のお札をもって各お檀家を廻り、お札を入れて新しい年に備えました。
31日 お焚き上げ式・除夜の鐘
1月
正月一日 新年初参り祈願
午前零時、住職の第一鐘と共に「明けましておめでとうございます!!」の挨拶を交わしました。
それに続いて新年の初参り祈願も執り行われました。
元日 新年祝祷会
お釈迦様、日蓮聖人、皆様のご先祖の御宝前に新年のご挨拶と一年の健康・息災を祈り、新春をみんなで寿ぎました。
2月
1日 節分追儺式
恒例の節分追儺式が本番の二月三日前の、二月一日午後二時より妙厳寺本堂において営まれました。今年は約三〇名の厄除け・八方除け祈願の申込みがあり、ご宝前に開運除厄のお札を祀って修法祈祷が行われました。
法要終了後、住職並びに今年十二歳になる可愛い年男二名によって「福は〜内!」のかけ声と共に豆が撒かれました。参詣の善男善女は今年もマメで息災であることを願ってこの豆に積極的に当たっていました。
3月
21日 春季彼岸会中日法要
本明寺は午前九時から、妙勧寺は午前十一時から、妙厳寺は午後二時からそれぞれ営まれました。また、今年三月で任期になる総代・世話人の交代に伴い新任の方に委嘱状、退任の方に記念品が授与されました。
4月
5月
4月19日〜21日(A組) 東京国際仏教塾第一回修行
5月3日〜5日(B組)
今年も日本の精神・文化の基盤となってきた仏教を体系的、体験的に学ぼうという趣旨で開設されている東京国際仏教塾の第一回修行が妙厳寺にて開催されましたA・B組の二回に分かれ来寺、二泊三日間、法話を聞いたり、行法、作務、仏法に則った食作法に汗を流しました。
6月
22日 西畑組信行会
毎年六月恒例の西畑組信行会が本年も開催されました。昨年の日蓮聖人小松原法難七五〇年を期してその前後三年間、法難の霊地、小松原・鏡忍寺に出向い信行会を行っています。今年はその締めくくりとして約八十名の檀信徒が二台のバスに分乗して鏡忍寺を訪れ、お開帳を受けたり、妙厳寺住職の小松原法難にかかる法話を三〇分ほど聞いたりしました。また昼食後、日蓮聖人が法難で負われた傷を洗われたり、しばらく養生された花房の蓮華寺をお参りし、夕刻妙厳寺に戻りました。人々にイキイキと充実した人生を送ってもらうために法華経を命がけで伝えようとした日蓮聖人のご苦労多きご一生に思いをはせた一日となりました。
8月
2日〜5日 夏休み山寺留学
最初の箸づくりではつたなかった手つきも四日目には器用に刃物を扱えるようになりました。蒸しパン作りや、ネイチャークラフトでは真剣な眼差しで取組み、完成した時の何とも言えない嬉しそうな子供達の表情が印象的でした。今年は十四
とちょっと少ない人数でしたが、新たな思い出作りができたのではないでしょうか。
(今年も野菜を収穫することができました。農作物が出来る過程をお話し下さったお寺の総代さん、お檀家の皆様有難うございます。)
 
13日〜15日 お盆棚経廻り
  三日間、住職、法拳、法靖、法映、法盛、法典、法宣が檀信徒各家の精霊棚にお寺から伺って読経供養をささげました。在宅の方と一緒にお参りし、お題目を唱え、お焼香をしてご先祖の供養を行いました。
 16日  盂蘭盆施餓鬼会法要
本明寺は九時、妙勧寺は一一時より執り行いました。共に先祖の追善供養を行い、特に本年新盆に当たるお檀家は親族・縁者がお参りくださり、新盆の御霊に供養の誠を捧げました。
24日 妙厳寺・盂蘭盆施餓鬼会法要
今年は涼しい風も吹く、しのぎやすい施餓鬼法要となり、僧侶・檀信徒共に亡きみ霊への報恩法要を執り行ないました。法要終了後には、恒例の各御霊への諷誦文(法華経や日蓮聖人のご文章の要文)奉読とその施主を読み上げる法会が行われました。
9月
 23日  秋季彼岸会中日法要
勧寺は午前十一時から、妙厳寺は午後二時から秋彼岸会中日法話・
法要を行いました。実りの秋、営々と田畑を耕し現在に伝え、今日の礎を築いてくれたご先祖へ感謝の気持ちを捧げました。

 10月  
5日12時〜 平沢鬼子母尊神秋祭り
年に一度の霊験あらたかな平沢地区守護神・鬼子母尊神さまのお開帳。ただ今年は風雨により神輿の練り供養は残念ながら取りやめとなりました。代わってお寺の客殿においてお囃子保存会の子供たちが練習の成果を披露し、大人も馬鹿囃子やその他の踊りに興じました。
28日 平沢地区 稲荷幣束入れ
法靖・法映・法典・法盛が平沢の檀家にくまなくお伺し、お稲荷(さん)の新しい幣束をお供えして今年のもろもろの収穫に感謝の気持ちを捧げました。あわせてご一家の繁栄とご家族の無事息災を祈念いたしました。
 11月  
 23日  日蓮聖人七三三遠忌報恩法要お会式
午後一時よりお会式が執り行われました。練習を積み重ねている和讃会も法要に加わって和讃を奉唱しました。法要後、踊りや歌も入った創作紙芝居・宮沢賢治作「よだかの星」の公演があり、みな感動しました。最後に本門寺ボーイスカウトによる万灯練供養で大いに盛り上げてくれました。

   
   
   
大多喜妙厳寺 南無道場