妙厳寺日誌10
12月
大晦日〜元旦 お焚き上げ式・除夜の鐘・新年初参り祈願
 例年に無い寒い年越しとなりましたが、たくさんの方にきて頂きました。夜十一時半頃から法要が始まり、古くなった塔婆やお守りをお焚き上げしました。その後梵鐘の方に移動し、零時丁度、住職の一打目の梵鐘で新年があけました!
引き続いて新春特別祈願を行う方やお焚き上げをする方などそれぞれ晴れやかに新年の挨拶を交わしていました。

1月
元旦 新年祝祷会
今年は三浦錬浄上人によって新しい年の開運招福を願い、新春特別祈願の修法がおこなわれました。
2月
1日 節分追儺式
厄年の方々の厄除け・八方除けを念じました。そのあと住職と年男、年女の方々による豆まきが行われ、『福は内!』『福は内!』とたくさんの福を呼び込みました。
(日蓮宗では鬼子母神をお祀りしており、法華経ではあらゆる存在を認めているため「鬼は外」は言いません)
3月
21日 春季彼岸会中日法要
九時・本明寺、十一時・妙勧寺、二時・妙厳寺の順で法要を行い、住職、法靖、法映からご先祖への感謝の気持ちを捧げました。法要前には住職から遺伝子についてのお話がありました。
27日〜29日 春休み山寺留学
今年の春の山寺留学はとても寒く、吐く息も白くなってしまう程でした。参加した子供たちはきりたんぽ作りや凧作りに夢中で取り組んでいました。
4月
24日〜26日(A組)
5月1日〜3日(B組)
東京国際仏教塾第一回修行
A組三十二名、B組三十六名の老若男女が日本人の精神性を築いて来た仏教について体験的に学習しました。又、今年も専門コースで日蓮宗を学んだOBの方々が多数手伝いにきてくれました。
6月
20日 西畑組信行会
 西畑中の寺院の代表が数十名集まり、第一生命経済研究所の小谷みどり先生から昨今の日本の葬儀事情や人生の締め括りの在り方などについて話を聞き、認識を深めました。
7月
31日〜8月1日 市川市若宮サッカーチーム山寺体験修行
自分たちで食事をつくったり、朝のお勤めや夕方は瞑想をしたり通常は体験できない事をみんなで楽しくやってくれました。
6日〜9日 夏休み山寺留学(チラシ PDFファイル
今回も二十八名の子供が集まって山寺での四日間をすごしました。三日目は野外炊飯を行い、みんなで下ごしらえした材料をもとに班毎にいろいろな丼が完成しました。夜にはキャンプファイヤーがあり、最後の夜を子供もスタッフも一緒になってたのしみました。
(いつも野菜を作って下さるお檀家の皆様有り難うございます)
13日〜15日 お盆棚経廻り
三日間、住職、法拳、法靖、法映が檀信徒各家の精霊棚にお寺から伺って読経供養をささげました。
16日 盂蘭盆会 施餓鬼会法要
本明寺は十一時、妙勧寺は一時より執り行いました。共に先祖への報恩供養の誠を捧げました。
24日 妙厳寺・盂蘭盆会 施餓鬼会法要
有縁無縁の精霊・檀信徒各家先祖の精霊、特に本年新盆に当たる精霊六霊位の追善供養を行いました。うだるような暑さの中、僧侶・檀信徒共にまさにおお汗かき(セガキ)ながらの亡きみ霊への報恩法要でした。また法要終了後、恒例の各み霊への諷誦文(法華経や日蓮聖人のご文章の要文)奉読とその施主を読み上げる法会が行われました。
9月
23日 秋季彼岸中日法要
午前十一時より妙勧寺で、又午後二時からは妙厳寺で法話・法要が行われ、それぞれのご先祖の霊に報恩感謝の思いを捧げ、塔婆供養を行いました。
10月
4日 平沢鬼子母尊神秋祭り
鬼子母神をご神体に祀り、お寺から御神輿が出るという年に一度の大祭。鬼子母神堂にて読経祈願を行い、その後お囃子や踊りも交えてお神輿の練行列が平沢地区の奥から行われ、五穀豊穣と家内安全を祈りました。
28日 平沢地区 稲荷幣束入れ
終日かけて法靖・法映と二名で平沢地区内を回り、新しい幣束を入れて無事収穫出来たことに感謝の祈りを捧げました。
11月
23日 日蓮聖人七百二十九遠忌報恩法要お会式
午後一時より日蓮聖人の七百二十九遠忌報恩法要お会式を行いました。練習を積み重ねている妙厳寺、妙光寺、本迹寺、妙勝寺の和讃会の皆さんが法要中にすばらしい奉唱をしてくれました。法要後にはボーイスカウトの万灯練供養があり、池上太鼓による演奏ではリズミカルな太鼓が境内に響き渡りました。
※今年も総代の山口清さんが丹精こめて育てた菊を本堂前・大玄関前に沢山飾ってお会式に花を添えました。又お会式に先立ち総代さんや檀徒有志の方が、境内の植木の整備や清掃をしてくれました。
大多喜妙厳寺 南無道場